術後のサポート

美容整形のために手術を受けてその後何かの異変や病気にかかったりなどの症状が起こる事があるそうです。裁判沙汰になることも珍しくありませんがどういう理由などでこのようなことが起こるのかまとめてみました。 【手術後に痛みや違和感がある】 →この場合は病院に通ったりして具体的な症状を改善する必要があります。施術した医者に対して痛みの原因や違和感を訴えても聞いてくれない場合の時は裁判沙汰に発展するケースも有ります。 【思ったとおりになってない場合】 →この場合、予め医者からどうなるのかを聞いてる(もしくは写真などで確認している)と思うので裁判を起こしても不起訴の可能性が高いです。事前の段階でしっかり確認した方が良いです。 問題が起こるのは手術だけが全てではなく、最近ではレーザーによるシミ治療などもあるようですが、シミ治療を定額で受けられるコースを契約した消費者が、コースの解約を求められたため起訴を考えている、と言った事例もあるようです。

品川美容外科では死亡原因で起訴されています。その原因とは脂肪吸引手術でした。情報によると、70歳の女性が脂肪吸引後に死亡したとあります。 起訴状では、腹部の皮下脂肪を吸引する手術を行った際に「カニキューレ」と呼ばれる金属製の吸引管を、角度や深さを適切に調整せずに腹部に挿入、内臓を傷つけて脱水症で死亡させた、とあります。 【品川美容外科だけではなく様々な美容外科でも起こりうること】 →口コミやマスコミでは品川美容外科だけが悪いような書き方をしていますが、医療ミスなどは割と日本でも多いのです。 脂肪吸引に関しては他の美容外科でも「手術後4年後でも痒みがある」や「痛みが取れずにお腹がデコボコになった」等の意見が、国民生活センターに寄せられているといいます。 しかし、品川美容外科はこうしたことを受けて利用する女性向けにカウンセリングの徹底と質の高い美容サービスの提供が行われています。そうしたことから、美容外科の施術が全て危険なものであるということは、過去のものとなってきているのも事実です。